佐野屋よろず帳

横浜市の米屋が適当な事書いてます

*

八月のクリスマス

   

ここの所、純愛映画を立て続けに見ていますが
9月23日に山崎まさよし主演で日本でも公開される8月のクリスマス
のオリジナル版
韓国映画の八月のクリスマスを見てみました

ストーリーが物凄く淡々と流れていきます。そしてセリフが非常に少ない。
どこと無く小津安二郎の世界に似ている感じ。
映画を見終わっても感動とかは無いんですが、どうも何か引っ掛かる
セリフの少なさのせいか、淡々と進んでいくストーリーのせいか
後から妙に考えてしまう、余韻がいつまでも続くそんな映画です。

今まで見た韓国映画・ドラマとはちょっと違ったタイプの作品ですが
一番心に残った作品かもしれません。

 - アジア , ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事