佐野屋よろず帳

横浜市の米屋が適当な事書いてます

*

ローマの休日

   

いまさら何も言う事は無いんだけど、ストーリーや展開を現代の物と比べると
単純というかシンプルだけど、なんと言ってもオードリー・ヘップバーンの魅力によって
ぐんぐんと引き寄せられていきます。
ラストシーンもハッピーエンドになる別バージョンがあったとか・・・
でも、通常のラストシーンでも十分すばらしいと思います。

どんな世代の人が見てもスバラシイ映画ってのは、こういう映画なんだろうなぁ

 - 洋画 ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事