佐野屋よろず帳

横浜市の米屋が適当な事書いてます

*

ギルバート・グレイプ

   

ジョニー・デップは何故この役を引き受けたんだろう?イメージとしたら
弟のアーニー役の方がしっくり来て、ディカプリオが兄役かなと思うけど
実年齢からして、それは無理だったんでしょう。

結果的には、ディカプリオの演技が凄すぎて、ジョニー・デップの影はかなり薄くなってしまった様だけど
元々の映画のテーマを考えてみると、ディカプリオの迫真の演技は返って失敗だったんじゃ無いかな?
どーも知的障害の弟が全面に出て来てしまい、その為に自分を犠牲にして街に残っている様な
イメージを抱いてしまったんだけど、ちょっと違和感があって暫く納得できなかったです。
それが何でだろう?って考えていたら、母親がメインテーマだったんじゃないかなと・・・
母親の異様な太り方や、周囲からの目を気にしている兄。
それでも母親を愛しているからこそ街を出ずに、母親の死後、家ごと焼き払っちゃう。
ここで初めて、ギルバートは自由を手に入れたんじゃないかな?
ディカプリオがタイタニックの時位の演技をしていれば、きっといい映画だったんだろうな~

 - 洋画 ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事