佐野屋よろず帳

横浜市の米屋が適当な事書いてます

*

この胸いっぱいの愛を

   

ミムラ好きとしては中々良かったんだけど、映画自体としてはイマイチ
ストーリーのオチは、あぁ~なるほど。って納得出来たけど
それまでの過程で、ここ必要なの?っていう部分が多いような・・・
特にクドカンなんかは要らなかったんじゃないのかな?
もう少し、主役二人の設定等を細かくしてくれれば感情移入しやすいかも

 - 邦画 ,

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事